なんて美しい題名なのでしょう。
只今区民センターから借りて読んでいる本の題名です。著者は山田詠美先生。

短編小説が何個か入っていて仕事の合間に読めるところがイイ。

久々に彼女の本を読んだけれど、やっぱ好きです、あの描写が。
別にセックスについての記述を好むわけではありません。唯単にあの描写が好きで。

今日は本当に機嫌が悪くてなんかもう誰かに何かを言われる度に嫌。本当に嫌。めっちゃ嫌。

全てはたったひとりの人のせいなんだけれど。