s5qo0apa.JPG今日 めっちゃ久々に サヴェージ・ガーデンの曲を聴きました。

サヴェージ・ガーデンってなに?人?
ていう人の為にちょっと紹介。

男性二人組のオーストラリアのユニット。
あのシドニーオリンピックの開会式で歌った二人です。

ボーカルのDarren Hayes(26歳)とキーボード&ギター担当のDaniel Jones(25歳)が知り合ったのは1994年。兄弟とバンド活動をしていたDanielがボーかリストを求む広告をある雑誌に載せたところ、応募してきたのがDarrenだった。二人はすぐに意気投合し、程なくしてバンドを脱退、二人で活動を始める。多くのレコード会社にデモテープを送り続け、1995年にオーストラリアのロードショー・ミュージックと契約。すぐにレコーディングに取りかかった。レコーディングを終えた後、すぐにリリースされたデビューアルバムのファーストシングル "I Want You"は予想を上回る大ヒット! 続くセカンド・シングル "To The Moon & Back"で、その年のシングル年間売り上げ1位を獲得し、その地位を不動のものにした。
 
世界デビューが決まったのは96年。オーストラリアで行われた音楽コンベンションに出席していたテキサスのラジオDJが "I Want You"を気に入り、CDを持ち帰って地元のラジオ局でかけたところ、問い合わせが殺到。このテキサスでの盛り上がりが全米各地に飛び火し始めた頃、ソニーがこのバンドといち早くワールドワイド契約。オーストラリアから世界へと、舞台が広がっていった。
 1997年4月、世界デビュー。アメリカでの反応は素晴らしくデビュー・シングルにして、最高4位まで昇り詰めた。その後も、アメリカ、ヨーロッパ、日本、アジアと、サヴェージ・ガーデンの人気はどんどん拡大していった。
 

1997年秋に行われたオーストラリア版グラミー賞、ARIA AWARDSでは、記録タイの10部門で受賞し、名実ともにオーストラリアNo.1のバンドになったのだった。
サード・シングル "Truly Madly Deeply"は、98年1月見事全米No.1を記録。全米シングル・チャート、エアプレイ・チャートの上位に居続けるスマッシュ・ヒットとなった。
 



なのに、音楽性の不一致のため(去年か一昨年)
解散



非常に残念だ悲しい悲しい

と、前置きが長いのだがw
あたし男性ポップスは滅多に聴かない。
back street boys も 'NSYNCイマイチ好きじゃない。
なのにサヴェージだけはすっごく好きなの。
男性ポップスなのに。

まあまずその理由の一つに、サヴェージは曲がいいのと、作詞作曲も全て二人でやってるってのがある。
あと、なにより、歌詞がいい。
恋愛も色んな方向から捉えていて、知的で、安っぽくないの。頭が良いと思う。
それでいて情熱的だったり、可愛かったり。
とにかく素敵なの。

そしてサヴェージの存在をあたしに教えてくれ、CDを貸してくれたのが、前の前の彼氏。
あなたのことは嫌いだけどそれだけは感謝しているわ。

で、今日なんとなく久々に聞いたら
もうもうもう、超イイ!!!!

再サヴェージブーム!!

i would fly to the moon and back
if you'll be..
if you'll be my baby

so would you be my baby yeah..